3/16 金・プラチナ 相場情報


[為替/日経平均]
16日 09:54現在
ドル・円
81.09円
+0.40円
日経平均
9,066.58 円
+461.43 円
[市況]
◎ドル、81円近辺=株高受け海外時間比やや強含む〔東京外為〕(16日午前9時)
16日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、日本の原発事故深刻化を受け投資家のリスク回避が強まった前日の海外市場の流れを引き継いだものの、日本の株式相場が反発したことからやや強含んで始まっている。午前9時現在、1ドル=81円06~07銭と前日(午後5時、81円50~53銭)比44銭のドル安・円高。前日の海外市場では、日本の福島第1原発の事故深刻化を受けたリスク回避姿勢の強まりから、ドル買いポジションの手じまい取引などを中心に円買い戻しの動きが出た。このためドルは一時80円60銭台まで下落、その後も80円台後半での動きが続いた。 きょうの東京市場もこうした流れを引き継いでいるものの、日経平均株価が反発基調で始まるなど環境がやや好転したこともあり、1ドル=81円台近辺まで強含む展開となっている。ユーロも対円でやや強含み。午前9時現在、1ユーロ=113円38~40銭(前日午後5時、113円45~47銭)、1.3986~3987ドル(同1.3919~3920ドル)。
提供:時事通信社
支援バナー縁なし
この度の「東北地方太平洋沖地震」の被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
弊社は、被災者の皆様の救援や被災地の復興に役立てていただくための義援金活動への参加など、今後も復興支援に向けて、微力ながら尽力して参りたいと考えております。
被災地の皆様の身の安全をお祈りするとともに、被災地の早期の復旧をお祈り申し上げます。
株式会社ブランズバンク
代表取締役 服部雅樹
及び社員一同

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。