本日の相場情報

時津イオン店

[為替/日経平均]

10日 09:16現在 (ドル・円の前日比はAM7:00時点との比較です)

ドル・円
104.83円
+0.04円
日経平均
15,879.15円
-1.18円

[市況]

◎〔東京外為〕ドル小動き、104円後半=米雇用統計控え動意薄(10日午前9時)
10日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米雇用統計の発表を今夜に控えて動意は薄く、1ドル=104円台後半で小動きとなっている。午前9時現在、104円82~83銭と前日(午後5時、104円86~91銭)比04銭の小幅ドル安・円高。  前日の欧米市場では、欧州時間の序盤に105円付近に強含む場面があったが、その後は総じて伸び悩んだ。ECBが緩和政策の時間軸を強化し、一時ユーロ売りが強まったことがドル円を圧迫したほか、米株の軟調や米金利低下も上値を抑えた。ただ、下げ幅は限られ、米国時間の終盤は104円後半でもみ合った。東京市場の早朝は104円80銭前後で推移している。  本日は、昨年12月の米雇用統計発表を今夜に控え、「終日様子見ムードが強い」(大手邦銀)とみられる。米株軟調などで上値は重いものの、前日のADP全米雇用報告が強かったこともあり、「雇用統計は予想より強くなる」(銀行系証券アナリスト)とみられ、ドル円は下値では引き続き買い戻し意欲が強いと予想される。結果的に「104円台後半のレンジ圏での推移が続く」(FX業者)との見方が多い。  ユーロは対円、対ドルで小動き。ECBの時間軸強化でいったん売られたが、その後は戻り歩調となり、前日水準を回復している。午前9時現在、1ユーロ=142円63~65銭(前日午後5時、142円65~66銭)、対ドルで1.3605~3607ドル(同1.3600~3601ドル)。
提供:時事通信社

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。