[為替/日経平均] 21日 09:16現在
ドル・円
80.17円
-0.06円
日経平均
9,420.43 円
+66.11 円
[市況] ◎ドル、80円台前半=ユーロは買い戻し方向〔東京外為〕(21日午前9時)
21日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、海外市場の流れを引き継ぎ、80円台前半での取引となっている。米連邦公開市場委(FOMC)を控え、市場は「様子見気分が強い」とも指摘される。午前9時現在は、1ドル=80円19~20銭と前日(午後5時、80円14~17銭)比05銭のドル高・円安。ドル円相場は材料に乏しく、「市場参加者の興味が薄れている印象」との声もある。現時点、方向感は出ておらずドルの上値は重い。他方、80円00銭近辺には企業などからのドル買いオーダー入っている―とも観測されており、下値も堅そうだ。 20日までのユーロ圏財務相会合の結果などに関しては、米金融市場はギリシャ支援に対する欧州サイドの姿勢などを評価、米株価は続伸で反応。この流れを受け、通貨ユーロは、対主要通貨で買い戻される形となった。ユーロは午前9時現在、1ユーロ=115円16~20銭(前日午後5時、113円88~89銭)、対ドルで1.4362~4363ドル(同1.4207~4209ドル)をつけている。
提供:時事通信社
2
この度の「東北地方太平洋沖地震」の被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
弊社は、被災者の皆様の救援や被災地の復興に役立てていただくための義援金活動への参加など、今後も復興支援に向けて、微力ながら尽力して参りたいと考えております。
被災地の皆様の身の安全をお祈りするとともに、被災地の早期の復旧をお祈り申し上げます。
株式会社ブランズバンク
代表取締役 服部雅樹
及び社員一同

The following two tabs change content below.
のぞみ

のぞみ

主に時津店担当
ノリノリの楽しい会話が私の取り柄です。 今後もお客様とたくさんお話することで、ノリノリトークに磨きをかけていきます!
おすすめの記事