3/15 金・プラチナ相場情報

[為替/日経平均]
15日 09:30現在
ドル・円
81.80円
+0.21円
日経平均
9,441.66 円
-178.83 円
[市況]
◎ドル、81円台後半で推移=もみ合い〔東京外為〕(15日午前9時)
15日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、海外市場の流れを引き継ぎ、81円台後半の水準でのもみ合いとなっている。商品市況の動向や欧州の債務問題などに加え、原発を含む東日本大震災の行方がなお不透明なこともあり、「取引の焦点が定まらない」(国内金融機関)との指摘もあった。午前9時現在のドル円は81円82~84銭と前日(午後5時、82円09~10銭)比27銭のドル安・円高。きょうは米国の景気回復の程度を改めて確認するFOMCが予定されており、市場には一部様子見の気配もあるという。 ドル円の取引は「方向感は定まっていない」とされる中にあり、値動きは実需の売買動向の傾き具合いに左右されそう。日銀が追加金融緩和策を決めたことに関しては、ドル円の水準をサポートする意味からも、評価する声が聞かれた。ユーロは対円、対ドルともに上昇。午前9時現在、1ユーロ=114円47~50銭(前日午後5時、114円41~43銭)、対ドルで1.3988~3991ドル(同1.3936~3941ドル)。
提供:時事通信社

この度の「東北地方太平洋沖地震」の被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
弊社は、被災者の皆様の救援や被災地の復興に役立てていただくための義援金活動への参加など、今後も復興支援に向けて、微力ながら尽力して参りたいと考えております。
被災地の皆様の身の安全をお祈りするとともに、被災地の早期の復旧をお祈り申し上げます。
株式会社ブランズバンク
代表取締役 服部雅樹
及び社員一同

The following two tabs change content below.
のぞみ

のぞみ

主に時津店担当
ノリノリの楽しい会話が私の取り柄です。 今後もお客様とたくさんお話することで、ノリノリトークに磨きをかけていきます!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。