金・プラチナ高額査定なら長崎・時津・大村のリュースプラザお問い合わせ番号:095-882-8005

ダイヤモンドの査定に役立つ解説

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドにはそれぞれ種類によって相場が変わってきます。固定表記で価格を表示することが難しいため、
ダイヤモンドを査定に出したいお客様は一度お問い合わせください。

まず、市場によくあるダイヤモンドと呼ばれるものは4種類あります。
本物のダイヤモンドは天然石、その他3種類は人工的に作られたものであり、合成石、人造石、模造石です。
天然石の見分け方は、成分や光沢、特性、構造で判断します。
より透明度が高く色味がない方が高価なものとして評価されます。

ダイヤモンドの価値は”4C” と呼ばれる品質評価国際基準で決まります

ダイヤモンドの輝きで一番重要なのはカットです。形状だけでなく、カットグレードといってカット面や角度がどのように研磨されているのか、石と光のバランスなどを評価したものがポイントになります。
また、ダイヤモンドの価値は4C で決まります。4C とは品質評価の基準となる4つの要素で「カラット・カラー・カット・クラリティ」です。4Cの質によって売買価格が変わりますので査定をオススメします。

カラット(重さ/ 大きさ) カット(プロポーション/ 形状) カラー(色) クラリティ(透明度)

カットグレード

プロポーション・ポリッシュ・シンメトリーの3つの要素を総合的な5段階評価で表わします。

Excellent(エクセレント)

Very good(ベリーグッド)

Good(グッド)

Good(グッド)

Fair(フェア)

Poor(プア)

デザインで変わる評価価値

代表的なのは婚約指輪で人気が高いラウンド・ブリリアント・カットです。
最上級品の証とする評価にはトリプルエクセレント、ハート&キューピット、エクセレントの3つのエクセレント基準があります。
そのほかの形状は「ファンシーシェイプ」と呼ばれていますが、ジュエリーとして人気の形もありますので、
一度査定に出されることで現在の評価価値をお伝えできます。

Excellent(最上級) Very Good
理想的
Good
良好
Fair
やや劣る
Poor
劣る
3EX H&C
トリプル
エクセレント
H&C EX
ハート&
キューピット
Excellent
エクセレント

適正価格とは

国際相場に沿った価格であれば大きな価格差は出ませんが、日本ではお店やブランドによって価格が変動してしまうことがあります。
大きな理由として、資材調達、デザイン、製造、品質管理に至るまでの過程をどのようなルートと仕組みを使っているかによって変化してしまう現状があります。
当店では、本来の適正な価格で売買が行われたものなのか、国際基準を満たしているか適正な判断のもと、価格を決定づけています。

The following two tabs change content below.

リユースプラザスタッフ

最新記事 by リユースプラザスタッフ (全て見る)