[為替/日経平均] 28日 09:26現在
ドル・円
81.55円
+0.27円
日経平均
9,484.58 円
-51.55 円
[市況] ◎ドル、81円台後半=海外の地合い引き継ぐ〔東京外為〕(28日午前9時)
週明け28日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、
ドルが買い戻された先週末の海外市場の地合いを引き継いでドルがやや強含み、
1ドル=81円台後半で始まった。
午前9時現在、81円58~59銭と前週末
(午後5時、80円98銭~81円01銭)比60銭のドル高・円安。
前週末の海外市場では、プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁が
米超低金利の出口政策に言及したことを受けてドルが対円・対ドルなどで買い戻される展開に。
ドル円は一時81円台半ばまで上昇した。
きょうの東京市場も、こうした海外の地合いを引き継いだ。
米市場での株高や債券売り・長期金利上昇を背景に投資家のリスク選好姿勢も強まっており、
ドルは前週末のNY市場の終値よりも取引水準をやや切り上げ、
81円60銭近辺でのスタートとなった。ユーロは対円・対ドルで弱含み。午前9時現在、
1ユーロ=114円49~52銭(前週末午後5時、114円88~89銭)、
1.4035~4036ドル(同1.4183~4185ドル)。
提供:時事通信社
支援バナー縁なし
この度の「東北地方太平洋沖地震」の被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
弊社は、被災者の皆様の救援や被災地の復興に役立てていただくための義援金活動への参加など、今後も復興支援に向けて、微力ながら尽力して参りたいと考えております。
被災地の皆様の身の安全をお祈りするとともに、被災地の早期の復旧をお祈り申し上げます。
株式会社ブランズバンク
代表取締役 服部雅樹
及び社員一同

おすすめの記事