本日の相場情報|金 プラチナ 高価 買取 大村 長崎 ブランド 金券


みなさま、本日の相場情報をお知らせ致します๑•ิ ε •ิ

本日もプラチナが、前日より
46円UPです$‼‼‼
売り時ですね~♡♡
ご不要な物をお持ちの方は
高騰している今が、オススメです‼‼‼‼
[為替/日経平均]
7日 9:55現在 (ドル・円の前日比はAM7:00時点との比較です)
ドル・円
104.31円
-0.06円
日経平均
15,910.11円
+1.23円

[市況]
◎〔東京外為〕ドル小安い、104円台前半=米指標弱く上値重い(7日午前9時)
7日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、前日の海外市場で反落した流れを受け継ぎ、1ドル=104円台前半で小安くなっている。午前9時現在、104円21~24銭と前日(午後5時、104円37~38銭)比16銭のドル安・円高。
 前日の欧米市場では、米国時間の序盤は堅調な米株価を眺めて105円に接近する場面もあったが、昨年12月のISM米非製造業景況指数が予想より弱く、株安・債券高(金利低下)の様相が強まり、ドル円は反落した。一時103円台後半に落ち込んだが、その後はやや戻り、東京市場の早朝は104円10~20銭前後で推移している。
 新年のドル円は昨年末に上がり過ぎた反動で調整色が強まっている。日本株も同様の展開であり、「当面は株・ドル円とも水準調整が続く」(大手邦銀)との見方が多い。週末には米雇用統計も控えており、「ポジション調整を中心とした取引にとどまる」(FX業者)見通しだ。株安が進むとドル円も下値模索となりやすいが、中長期的にはドル円は先高観が強く、「押し目買いも入り、下げ渋る」(先の大手邦銀)とみられる。
 ユーロは対円、対ドルで上昇。米指標が弱く、対ドルで買いが強まった。午前9時現在、1ユーロ=142円05~05銭(前日午後5時、141円75~76銭)、対ドルで1.3628~3630ドル(同1.3580~3581ドル)。
提供:時事通信社

The following two tabs change content below.
のぞみ

のぞみ

主に時津店担当
ノリノリの楽しい会話が私の取り柄です。 今後もお客様とたくさんお話することで、ノリノリトークに磨きをかけていきます!