[為替/日経平均]
24日 10:24現在 (ドル・円の前日比はAM7:00時点との比較です)
ドル・円
104.27円
-0.15円
日経平均
16,011.79円
+139.72円


[市況]
◎〔東京外為〕ドル小幅安、104円台前半=全般はレンジ圏か(24日午前9時)
24日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、前週末の米国市場で若干売られた流れを受け継ぎ、1ドル=104円台前半で小幅安となっている。午前9時現在、104円17~18銭と前週末(午後5時、104円42~46銭)比25銭の小幅ドル安・円高。
 前週末の米国市場では、序盤は104円台後半だったが、その後は調整売りに押された。日本が休みとなった前日の海外市場では、総じて104円前後でもみ合ったが、米国時間は株価が堅調に推移する一方、長期金利がやや上昇し、104円を若干上回る水準に強含んだ。東京市場の早朝は104円20銭前後で取引されている。
 前日の米国市場では、株高・債券安(金利高)がドル円をサポートする中、シカゴの日経225は16000を上回った。市場関係者は「米国株に続いて日本株も上昇すると見込まれ、ドル円は底堅く推移する」(FX業者)との見方を示している。もっとも、クリスマス休暇で市場参加者は少なく、「積極的な取引は手控えられ、全般はレンジ圏にとどまるのではないか」(大手邦銀)とみられる。
 一方で、参加者が減少することは流動性の低下にもつながるため、「場合によっては値が飛びやすい」(先のFX業者)との指摘も聞かれた。
 ユーロは対円、対ドルで堅調。午前9時現在、1ユーロ=142円68~69銭(前週末午後5時、142円30~37銭)、対ドルで1.3696~3698ドル(同1.3627~3628ドル)。
提供:時事通信社

The following two tabs change content below.
のぞみ

のぞみ

主に時津店担当
ノリノリの楽しい会話が私の取り柄です。 今後もお客様とたくさんお話することで、ノリノリトークに磨きをかけていきます!
おすすめの記事