【新社会人のための腕時計講座】失敗しない腕時計ブランド5選

社会人になってからの必需品といえば腕時計。学生のときはあまり腕時計をする機会はないので何を基準に選べば良いか迷っているいる人も多いはず。そこで本日はビジネスシーンやフォーマルな場に適した実用性のある腕時計をご紹介します。

1.SEIKO(セイコー)

日本が世界に誇る時計ブランドといえばセイコーですよね。セイコーはエントリーモデルからハイエンドモデルまでラインナップが豊富です。 確かな品質で選ぶならまずはセイコーがオススメです。

SARB033

出典:seiko-watch.co.jp

セイコー メカニカル SARB033 自動巻き

シンプルなフォルムのセイコーのスタンダードモデルです。機械式時計ならではのしっかりした太い針なので視認性も高く、全体的にシャープな印象ながらも存在感のある腕時計です。

2.CITIZEN(シチズン)

セイコーと同じく日本で有名な腕時計ブランドです。「エコドライブ」などの新しい機能を生み出し続け、ラインナップも豊富なので、自分の好みの1点がきっと見つかります。

citizen.jp

citizen.jp

シチズン アテッサ エコドライブ CB1070-56L

シンプルなネイビーの文字盤でオーソドックスなデザインなので、ビジネスシーンをはじめ様々なシーンで活躍してくれます。エコドライブなので電池交換不要で、さらに電波時計のため時刻合わせも不要。お手ごろかつ機能的で時計を初めて持つ方にオススメの一本です。

3.Hamilton(ハミルトン)

航空用時計として有名なハミルトン。『2001年宇宙の旅』『メン・イン・ブラック』など、映画との関わりが多いブランドです。最近では『インターステラー』『オデッセイ』『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』等でもハミルトンの腕時計が使用されています。

出典:hamiltonwatch.com

出典:hamiltonwatch.com

ハミルトン カーキ フィールド H68411533

ハミルトンの中でもオーソドックスなデザインでエントリー向けの人気モデルです。視認性も高く実用的なのでビジネスシーンでもカジュアルな服装にもマッチする一本。

4.TAG Heuer(タグホイヤー)

F1の公式時計でもあったタグホイヤー。高級腕時計ブランドでありながらも、エントリーモデルは10万円ほどで購入できるのでき、社会に出てからも長く愛用できる腕時計です。

出典:tagheuer.com

出典:tagheuer.com

タグホイヤー アクアレーサー WAY1110.BA0928

タグホイヤーの中で唯一のダイバーズモデルとして長年人気のアクアレーサー。300m防水を搭載した40mmのクオーツモデルは、立体感のあるベゼルとブラックダイアルの組み合わせが魅力的です。

5.OMEGA(オメガ)

1900年にオリンピックの公式時計として採用されたことで有名なオメガ。また1969年、人類初のアポロ11号月面到着の瞬間を宇宙飛行士と共にしたのがオメガのスピードスターでした。

出典:.omegawatches.jp

出典:.omegawatches.jp

オメガ シーマスター アクアテラ 231.10.39.60.02.001 

オメガのエントリーモデルとして人気なシーマスターアクアテラ。飽きのこないデザインなので長年愛用できます。大人への第一歩としてオメガを選ぶのもオススメ。