【時計をこんな風に使ってませんか?】腕時計の間違った使用方法

パソコンで作業をするとときなどは、ついつい時計とスマホを横に置いて作業をしたくなるものですよね。実際カフェなどではそういう光景をよく見かけます。

しかしこの行為、時計にとっては絶対にやってはいけないことなんです。

こんな場所に置くのはNG

パソコンやスマホはもちろん、テレビやコンポのスピーカーなどの電子機器は電源を付けていると強い磁気を発しています。ですから腕時計をあまり近くに置いていると磁気の影響で精度に異常をきたす可能性があります。

最近ではスマホやタブレットを持っている方がほとんどですが、スマホと並べて置いて寝るなんてことも当然NGです。

クォーツと機械式ではクォーツの方が磁気の影響を受けやすいですが、機械式でも強い磁気を受けていると時間の狂いが出ますし、場合によっては磁気抜きが必要になることもあるので要注意です。

専用ケースで大切に保管を

磁気の影響を受けにくい場所に保管するのはもちろんですが、その他にも直射日光が当たらず、湿気や埃が少ないところ、落下の危険性がない場所に保管するのがベストです。専用のボックスに入れて保管しておくと良いですね。

時計_保存ケース

旅行や出張の時、修理などで発送する際にも使える携帯用ケースや、ケースの内部が自動で回転し自動巻の時計のゼンマイを巻き上げてくれるウォッチワインダーなどに入れておけば安心です。

保存状態の良い時計は高価買取にもつながります。保証書や残りのコマなども保存してあるとなお良いですね!