【指輪やネックレスなど】18金の刻印はどこにあるの?

指輪やネックレスなどの貴金属の刻印によって、本物の金かどうかを判断することができます。また、金かどうかだけでなく、純金(24金)なのか18金なのかといった金の含有量もわかります。

お手持ちのジュエリーのどこをチェックしたら良いのか、どんな点に注意したらいいのかをまとめてみました。これをもとに、ぜひお手持ちのジュエリーを確認してみてください。今まで知らなかった貴金属のことがしっかりわかると思います。

K18指輪_ネックレス

金・18金の刻印とは

金だけでなく、プラチナやシルバーなどの貴金属には金の情報を示す刻印があります。その刻印を見れば、金の純度(含有量)などがわかります。18金であれば、“K18”という刻印があります。Kはカラット、数字は金の純度を示します。K24を純金としたときに、24分の18、つまり75%金が含まれているということになります。

また海外製品の場合は、18Kや10Kと、数字の後ろに英語を記していることもあります。他にも造幣局検定マークが記されていることもあり、これは造幣局による貴金属の品位検定に合格したものを示します。K18又は750といった数字と日本の国旗が刻まれているのが特徴です。

K18刻印_2

18金の刻印がある場所は?

18金の刻印がある場所は指輪やネックレスなど製品によって異なります。指輪の場合は、内側の指に触れる部分にあります。ネックレスやブレスレットの場合は、留め金のところ、もしくはプレートのところに刻印があります。

金製品であればほとんどの製品には刻印があるので、お持ちのアクセサリーを確認してみてください。

K18指輪_9