本物の金とメッキ品を見分けるたった3つの方法

ここ数年、金の相場が値上がりしており、当店でも日々たくさんのお客様が来店されています。本物の金なのかどうかの査定だけで来店される方も多いのですが、本物の金なのか、金メッキかどうかを見分けるのは素人目にはなかなか難しいですよね。しかし、たった3つのポイントを抑えておけば、おおまかに本物か偽物かは判断できます。このポイントを抑えておけばジュエリーを購入する際にも役に立ちます。どれもいたって簡単なので是非参考にしてください。

K18リングネックレス

その1. 刻印を確認する

刻印を見ることでほとんどの金製品の場合は本物か偽物か判断することができます。刻印は種類によって異なりますが、どこにも何も刻印がない場合は、メッキ品もしくは金ではない可能性が高いです。刻印は『K24』『K18』『K14』『K10』のように金の含有量が示された値です。また、金の含有量を千分率で表す『1000』『750』などの刻印の場合もあります。上記のような刻印が確認できる場合は、本物の金製品である可能性が高いです。また、金メッキを表す刻印もあります。『GP』『RGP』『GF』など、これらの刻印は表面を金でメッキ加工しているという刻印です。これらの知識がるだけでもおおまかに金なのかメッキなのかは判断できます。

K18刻印2

その2. 磁石をあててみる

2番目に簡単な方法として磁石をつかうことでメッキ品かどうかを調べることができます。K24やK18でない場合のほとんどが金の代わりにメッキをしようしています。磁石を近づけてくっつくと、それはメッキ製品である可能性が高いです。
7300b34e5fad4ee75dc066bfc0d756a7_s

その3. 比重で重さを調べる

指輪やネックレスなどのアクセサリーを水の中に沈め、体積から重さを割ることで比重を計り、その数値によって金なのかメッキなのかを判別することができます。

“比重=空気中の重量÷(空気中の重量-水中の重量)”

この計算式でメッキ品かどうか、また金の含有量などもわかります。貴金属買取店では専用の比重計というものを使うのですが、自宅で行う場合には測りを用意したり、作業に時間や手間がかかってしまいます。

b9eed16debe6d8a98bf5b360f52a3fe2_s