【腕時計の豆知識】以外と知らないGMT機能の便利な使い方

高級腕時計は実用品というよりも、宝飾品として使われることが多いですが、あまり理解されていない機能の一つとして、『GMT機能』があります。GMTとは、長針でも短針でも秒針でもない針がついており、二つの時間帯が表示できる機能のことを言います。

content.rolex-2

主な使い方

例えば、出張や旅行で日本から海外に行くと考えてみてください。時差が8時間あるイタリアに行ったとすると、日本で午前2時の場合、イタリアでは午前6時となるのです。

GMT機能を利用すれば、この日本とイタリアの2か所の時間を同時に把握することができます。また、回転ベゼルを使うことで3つの時間帯を読み取ることもできます。

スクリーンショット 2017-02-12 16.28.20

GMTの隠れたスゴ技

一般的な時計が太陽コンパスとして利用できることをご存じですか?

短針を太陽のほうに向け水平に置きます。短針の指す時刻と文字盤の12との中間の角度の方向が南になります。GMTの場合は第2時間帯を設定していない状況でこのように置くとGMT針の指す方向がちょうど反対側の北を指すのです。

つまり短針を太陽の向きに合わせれば即座に北側がわかるのです。

efb0b2833da558032c1f26937137f8be_s

The following two tabs change content below.