【ルイヴィトンと日本】モノグラムやダミエの由来

ルイ・ヴィトンといえば“モノグラム”“ダミエ”といったイメージのある方はたくさんいらっしゃると思います。実際一番売れているのが“モノグラム”“ダミエ”だといわれています。
そんなモノグラムやダミエですが、実は日本のあるものに影響を受けて作られたと言われています。

モノグラムやダミエが生まれた背景

ルイ・ヴィトンが日本の家紋に影響を受けた理由、それは1878年にパリで行われた万国博覧会が大きく影響しています。 そこには日本も参加をしていたのですが、そこで日本庭園や工芸品などの美しく繊細な文化を目の当たりにしたヨーロッパの人々はたちまち日本文化の虜になりました。そこから「ジャポニズム」という日本ブームが始まり、そのジャポニズムがルイ・ヴィトンにも大きな影響を与えたのです。

モノグラム

大流行していたジャポニズムの影響を強く受け、日本の家紋をモチーフにして作られたのがモノグラムです。具体的にどの紋をモチーフにしたかということではなく、日本の家紋全体から受ける香りやテイストというものからインスピレーションを受けたそうです。モノグラム

ダミエ

ダミエのモチーフになったもの、それはズバリ“市松模様”です。

市松模様は二色の正方形を交互につなぎあわせたチェック柄で、この市松模様に感動したルイ・ヴィトンの関係者が、自分たちのブランドのデザインモチーフとしてこの市松模様を用いて作ったのがきっかけと言われています。

ダミエ

ダミエやモノグラムは市松模様や家紋が日本に無ければ存在していなかったかもしれません。ルイ・ヴィトンと日本は昔から大きな接点があり、まさにフランスと日本の架け橋的存在がルイ・ヴィトンなのです。