ホワイトゴールドの変色の原因は?手入れ方法を紹介

店舗ブログ

ホワイトゴールドの変色の原因

ホワイトゴールドは見た目はプラチナと同じに見えますが、素材が違い、金でできています。
プラチナは元々白い金属ですが、ホワイトゴールドは金に白い金属のパラジウムなどを混ぜで白く仕上げています。

金に白い金属を混ぜても完全な白にはならないので、一般的なホワイトゴールドは表面にロジウムメッキ加工を施しています。このメッキによって、プラチナと同じように白く輝いて見えるのです。

しかし、この表面の加工は使用していくうちに変色してしまいます。正しくは“変色していく”のではなく、“表面のメッキが剥がれ下地の金が出てくる”という表現の方がわかりやすいかもしれません。
結婚指輪なので毎日着けているとどうしても傷がついたり表面のメッキが剥がれてしまいます。

K14WG_変色

手入れ・修復方法

ではどういう風に手入れをすればよいのでしょうか。まず、変色や傷も含めて自分で修復するのは不可能です。ですから、購入店や宝石店でホワイトゴールド加工の修理を依頼することをオススメします。購入したお店であれば初回の修理代は無料のところもありますので、まずは購入したお店に相談してみましょう。(複雑なデザインや艶消し加工などがあると修復出来ない場合もあります。)

4dac4d6036eceda15f1ed966bbd74407_s

プラチナとホワイトゴールドのメリット・デメリット

ホワイトゴールドが変色するのであれば、指輪は必ずプラチナが良いのかというと、そうではありません。プラチナは長時間圧力が掛かると変形してしまうことがあります。一般的にプラチナよりも金(K18)の方が強度は高く、変形しにくいというメリットがあります。デザインや価格、肌との相性など総合的に考え選んでいくと良いでしょう。

Pt900ダイヤモンドリング

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。