アクセサリーやジュエリーに詳しい人であれば“18金”“K18”という言葉を聞いたことがありますよね。指輪やネックレスにK18という刻印があればなんとなく18金なのかなということはわかりますが、その他にも知っておくと安心な刻印が数多くあります。本日は知っておきたい貴金属の刻印の意味をご紹介します。

K18リング3点

金の刻印 K18の意味

K18やK14の刻印はよく見かけますよね。「K」とは、ゴールドの純度を表す単位で、カラット(Karat)の頭文字です。18金というのはK24(純金)を100%としたときに18/24、75%が金でできているという意味です。(750と刻印があるものも18金という意味です。)残りの25%には別の金属を混ぜることで、ジュエリーに必要な強度を出しているのです。また、金は他の金属と混ぜることで色味も変えることが出来ます。ですから、18金ホワイトゴールドであれば「K18WG」、10金ピンクゴールドであれば「K10PG」と刻印されることもあります。

K18刻印_2

注意したいメッキ品の刻印

注意したいのは“K18GP”“K24GP”といった“GP”が付いている刻印です。(GFの場合もあります。)金杯などに多い表記なのですが、この刻印はメッキを意味しており、GPはGold Plated、GFはGold Filledという意味で、金製品としての価値はないので買取り店でもお買取りが出来ません。

k18%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99_12

プラチナの刻印

プラチナの刻印は金よりもわかりやすく、純度100%であればPt1000、純度95%であればPt950、という刻印になります。日本では、純度85%未満のものはプラチナ製品として認められていません。ですから刻印はPt1000、Pt950、Pt900、Pt850と非常にわかりやすい表記になります。(稀にPmという表記のものもあります。)

pt900%e5%88%bb%e5%8d%b0

貴金属のお買い取りの際もこれらの刻印を確認した上で査定額を決めていくので、金・プラチナの純度を見る上で非常に重要な刻印になります。皆様もお手持ちの金・プラチナ製品の刻印を一度確認してみてください。

おすすめの記事