当店のお買取りの際、ホワイトゴールドの変色についてご質問を受けることが多いので、本日はホワイトゴールドの変色の原因と、変色してしまった際の対処方法についてご説明したいと思います。また、プラチナなどと比べてどう違うのかも解説したいと思います。

K18WG,Pt900リング

変色の原因

変色の原因を知るには、まずホワイトゴールドがどのようなものなのかを理解する必要があります。

通常のK18ホワイトゴールドは、75%が金で、残りの25%に銀、銅、パラジウム等の金属を混ぜてつくられています。この25%のうち、パラジウムという金属の比率をを多くすると銀色が強くなり、ホワイトゴールドが出来上がるのですが、この時点では若干黄色みを帯びた色をしています。

ですので、ジュエリーなどの製品にする場合は銀色をしたロジウムメッキを表面に施すことでプラチナににた銀色に仕上げているのです。

長年使っているうちに表面のロジウムメッキが剥げ、下地の黄味がかったホワイトゴールドが見えてくるので、変色したように見えているのです。ホワイトゴールドの変色は、“変色した”というよりは“メッキが剥がれた”と言った方が近いかもしれません。

K14WG

変色してしまった場合

では変色してしまった場合どうすればよいのでしょうか。

剥げてしまったロジウムメッキを自力で元の色に戻すことは無理ですので、購入店で「新品仕上げ」をしてもらうことをオススメします。ホワイトゴールドだけに限らず、貴金属全般に言えることですが、大切にしていても数年使用すればどうしても傷がついてしまいます。宝石店であれば、購入した後のメンテナンスも行ってくれます。通常は数千円でできるところがほとんどで、初回は無料というお店もありますので購入した宝石店で綺麗にしてもらうのが一番です。

 

ホワイトゴールドとプラチナどちらを選ぶ?

では結婚指輪などを選ぶ際、変色しないプラチナを選んだ方が良いのかと思うかもしれませんが、これは価値観の問題もあるので、一概には申し上げられません。

ホワイトゴールドのメリットとしては、“プラチナに比べ安く、強度がある”ということです。プラチナは柔らかいので変形することも稀にありますが、 ホワイトゴールドはよほど強い力を加えない限りほとんど変形はありません。

またプラチナとホワイトゴールドでは若干色味も違いますので、指につけた時の肌合いなども含めて選んでいくと良いと思います。

 

おすすめの記事