ジュエリーが好きな方はK24K18という言葉を聞いたことがあると思いますが、いったい何が違うと思いますか?

この違いを知っておくと指輪やネックレスを買う際、とても役に立つのでぜひ覚えておいてください。

K24K18K』とは

K24K18の頭についている「K」とは、カラット(karat)の略で、金製品に金が含まれる純度を24分率で示す単位の頭文字です。

24分率だとK24100%(純金)となるので、K1818/2475%金が含まれているという意味になります。これがよく言う18金(じゅうはちきん)』です。

K18刻印2

金を75%にする理由

では、なぜ金の含有量を75%にする必要があるのでしょうか?

あまり知られていませんが、純金(K24)は柔らかい性質をもっているので、キズがつきやすく加工がしにくいのです。

そこで、キズがつきにくく、加工をしやすくするために金以外の他の金属を混ぜ、硬度と強度を出しているのです。混ぜる金属により白くなったり、ピンクっぽくなったりするので、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどのカラーバリエーションをつくることが可能なのです。

0a6d963f67795a45b14fd4852915a25a_s

表記が違うものもあります

海外では1000分率で金の品位を表すこともあります。K1875%の金が含まれているので750/1000で、750と刻印されます。

これらのことを知っているだけでもジュエリーを見る目が変わってきますよね。一度お手持ちのジュエリーの刻印を確認してみてください。

おすすめの記事