長年押入れやクローゼットに入れていたブランド品を久しぶりに出してみると…

「!??」

表面の皮が剥げて、内側はベタベタ、金具の部分も錆びていた
なんてことありませんか?本日はブランドバッグの保存のコツをご紹介するので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

まず、ブランド品とは言え、革製品やビニール製品は酸化して必ず劣化してしまいます。程度の差はありますが、できることなら綺麗な状態で保存したいですよね。


そこで、保存のポイントを3つ!

 

【その1】箱や袋に入れて保存しない
買った時の箱や袋に入れて大切に保管しておけば大丈夫と思いがちですが、密閉して押入れなどに入れておくと湿気が充満してしまいます。ですので、風通しが良く湿気がたまらない場所に密閉せずに保管するのがオススメです。また、型崩れしないように中に紙などを詰めておくと良いでしょう。

【その2】季節の変わり目に虫干しする
少し手間かもしれませんが季節の変わり目に、直射日光の当らない風通しの良い場所で虫干ししてあげましょう。手入れをマメにすることで、長持ちに繋がります。

【その3】防虫剤は使用しない
防虫剤はバッグに使ってある接着剤などと化学反応を起こして劣化させてしまう恐れがあります。また、防虫剤の臭いがついてしまうとなかなかとれません。なるべく無臭の乾燥剤を入れることをおすすめします。

長期間保存する際は特にこの3点は重要なポイントです!
例え売ることになったとしても綺麗な状態で保存できていれば査定額UPにも繋がります!
もちろんリユースプラザでは使用感や劣化が見られても査定・買い取り致します^^
新品じゃなけど買い取りしてくれるのかなぁと悩まれてる方、
ぜひ一度当店に足をお運びください!
皆様のご来店を心よりお待ちしております♪

おすすめの記事